公益財団法人 双葉電子記念財団

よくある質問

  • Home
  • よくある質問

応募要項FAQ

研究助成FAQ

Q1:学生の応募は可能か?

学生は、主体的に研究を進めている者(研究テーマの策定、研究資金のやりくり、研究スケジュールの決定など)ではないため、申請は受け付けられません。

Q2:「生態学」は申請可能か?

「自然科学技術」に関係するかどうかで、ご判断下さい。関係しないものは、申請は受け付けられません。

Q3:応募して、二次(面接)審査を受けることになった場合、旅費は出るのか?

大変申し訳ありませんが、旅費は出しておりませんのでご承知おき下さい。

Q4:電子ファイルでMailする申請様式1の写真は必要か?

電子ファイルでの申請様式1の写真はJPG等で貼り付けが可能であれば貼り付けをお願いしますが、貼りつけが難しければ、写真無しでも可能です。

Q5:電子ファイルでMailする申請様式1の申請者印は必要か?

電子ファイルの申請者名欄は必要事項が記入されていれば押印は不要です。

Q6:電子ファイルで申請様式7の承諾書の押印は必要か?

電子ファイルでの承諾書は必要事項が記入されていれば押印は不要です。

Q7:間接経費免除(オーバーヘッド免除)の申請書は発行してもらえるか?

当財団事務局へご連絡ください。「研究支援経費免除申請書」を発行いたします。

Q8:寄附申込書を発行してもらえるか?

当財団事務局へご連絡ください。「寄附金申込書」を発行いたします。

奨学金FAQ

Q1:修士2年生が他大学の博士課程後期に編入学する場合、所属大学と推薦書はどう書けばいいのか?

編入学となるまでは、現在所属している大学の指導教授の推薦書が必要。

Q2:他の機関から、既に「貸与」の奨学金を受けている場合、申請は可能か?

貸与タイプの奨学金の場合、応募して頂くことは可能です。ただその場合、申請書③の3.の『具体的理由』欄に、今「貸与」を受けている機関・財団および内容を明記して下さい。
ただし、募集要項の「2.応募資格」に記載してありますように、受領候補者と決定された後、他の機関、団体等から奨学金助成給付が決まった方には、公益性の観点から当財団の奨学金受領をご辞退頂きます。

Q3:研究室の研究費から給与というかたちで生活費の補助を受けている場合は、申請が可能か?

機関、団体からの受給でなければ、応募して頂くことは可能です。ただその場合、申請書③の3.の『具体的理由』欄に、今「給与」を受けている内容を可能な範囲で明記して下さい。

Q4:奨学金は学業に専念するための生活諸経費に充てることは可能か?

学業および研究遂行のために使用することになっておりますが、その意味に当てはまる場合は可能です。

Q5:年齢制限はありますか?

年齢制限は特に設けておりません。

Q6:3.(4) a) の「同一大学からの採用は、原則として2名を限度とします。」というのは、各大学内で2名以下に絞れという意味ですか?

あくまで選考は、当財団の選考基準に従って選考委員が行いますので、申請される方は、その項目に関係なくご申請下さい。

Q7:応募は、ある程度日本語能力のある必要があるか、または日本語能力がなくても応募可能か?

申請書類を日本語で自分で作成し、日本語での面接審査を受けることができることが、最低必要条件になります。

Q8:募して、二次(面接)審査を受けることになった場合、旅費は出るのか?

世の中の経済動向を見据え、現在一律3千円を支給させて頂いております。

Q9:電子ファイルでMailする申請様式1の写真は必要か?

電子ファイルでの申請様式1の写真はJPG等で貼り付けが可能であれば貼り付けをお願いしますが、貼りつけが難しければ、写真無しでも可能です。

Q10:電子ファイルでMailする申請様式1の申請者印は必要か?

電子ファイルの申請者名欄は必要事項が記入されていれば押印は不要です。

Q11:電子ファイルで申請様式7の承諾書の押印は必要か?

電子ファイルでの承諾書は必要事項が記入されていれば押印は不要です。

Back to Top