公益財団法人 双葉電子記念財団

事業内容

  • Home
  • 事業内容[目的・事業概要]

目的

当財団は、公益財団法人として科学・技術の研究・開発を奨励することにより、産業の振興に寄与することを目的に活動を行っております。具体的には、全国の自然科学・技術の研究者等に対する研究助成事業、自然科学・技術の研究者を志す学徒への奨学金給付事業、自然科学・技術に関する教育及び実践に資する学校・団体の活動への助成を行う青少年創造性開発育成(旧発明振興)事業、並びに自然科学・技術の研究、教育、技術に対する顕彰事業を4本の柱とした活動です。

概要

当財団は、設立目的に沿った以下の事業を主に行っております。

1.奨学金事業

千葉県又は、その周辺(関東地域)における大学院博士後期課程に在籍する学生(留学生も含む)並びに千葉県内に在住し、県内外の大学院博士課程に在籍する学生(留学生も含む)を対象に、自然科学の研究に邁進するための勉学費用の一部を奨学金として支給する。

2.研究助成事業

日本国内に所在する大学・研究機関の研究者を対象に、科学・技術の基礎研究並びに産業社会の基盤技術に於ける独創的また萌芽的研究テーマの中から、当財団の設立趣旨に沿って選定し、研究助成金の贈呈を行う。

3.青少年創造性開発育成事業

児童生徒の創造性の涵養を目指す活動への支援、自然科学技術等に関する教育及び実践に資する学校・団体へ助成する。

4.顕彰事業

日本国内の自然科学・技術の発展または産業振興において、研究、教育、技術などの面で顕著な功績のあった個人または団体を表彰する。

5.本財団の公益目的を達成するために必要な事業

なお、これらの事業については、事業年度ごとに「助成重点事項」を定めて、理事会・評議員会の審議・承認を経た後に発表しております。

※毎年、奨学金は7月・研究助成は9月に募集を開始する予定ですが、年次によって若干の変更がある場合もあります。

※当財団の研究助成を受けた研究は、その成果報告の概要を当財団発行の「年報」(ANNUAL REPORT OF FUTABA ELECTRONICS MEMORIAL FOUNDATION)に掲載します。

平成28年度 事業概要

平成28年4月1日から平成29年3月31日までの実績は、平成28年度総収入1億2,058〔8,797〕万円に対し、支出総額は1億2,763〔8,022〕万円、収支差額は△705〔775〕万円です。支出総額の内訳としては事業費1億1,648〔7,192〕万円、管理費1,115〔830〕万円の支出です。

  1. 自然科学研究助成事業は、全国の66〔35〕大学から応募総数163〔64〕件、その中から選考で22〔14〕大学から32〔20〕件を書類・面接審査で採択し、研究助成金として4,805〔2,905〕万円を助成しました。
  2. 奨学金給付事業は、千葉県内外の大学院博士後期課程のみの募集を行い、7〔8〕大学から応募者22〔14〕名の中から、書類・面接審査で6〔6〕大学から12〔8〕名を採択したが、1名辞退、更に5ヶ月で1名の辞退により最終的には10名に支給、計1,250[960〕万円の給付となりました。
  3. 第1回顕彰事業は、自然科学・技術の発展、産業の振興、自然科学教育などの面で顕著な功績のあった人または団体を一般推薦公募し、書類選考により本年度は、研究と教育分野で2名が選考され、副賞として各100万円、計200万円が贈られました。
  4. 青少年創造性開発育成事業は、千葉県内の青少年の創造性育成事業を中心に1,023〔804〕万円を助成しました。内容は、一般社団法人千葉県発明協会が行う千葉県内少年少女発明クラブ作品展の開催支援70〔70〕万円、茂原少年少女発明クラブ運営費助成380〔362〕万円、千葉県児童生徒・教職員科学作品展助成20〔20〕万円、高校生理科研究発表会支援60〔50〕万円、自然科学実験イベント実行委員会(茂原市)支援6〔6〕万円、千葉大学「なのはなコンペ(学生版)」支援50〔50〕万円、千葉県高等学校工業教育研究会(千工研)支援150〔96〕万円、高校生科学技術チャレンジ(JSEC2016)支援200万円、ドローンによる地形の立体把握と防災・減災への応用実習助成86.5万円となっております。

上記4事業に関わる費用(その他事業費)の合計は1,968〔867〕万円です。

なお、4事業の支出割合は、自然科学研究助成関係が66.0%、奨学金関係が17.2%、青少年創造性開発育成(旧発明振興)が14.1%、顕彰事業関係が2.7%となっています。

Back to Top